土日祝も受付!

カラーセラピー

わたしのカラーセラピー

「この色って、どういう意味ですか?」

カラーセラピーでよく聞かれる質問です。

色そのものに特定の意味はありません。

ただ、この色を選ぶ人はこんな人が比較的に多いという傾向があるだけです。

その「傾向」も、ポジティブなものもネガティブなものも合わせて、同じ色でもいくつもあります。

例えば、ある人が赤い色を選んだとします。

そのかたは、情熱的かも知れませんし、元気がみなぎっているかも知れません。

あるいは怒っているかも知れませんし、へとへとに疲れているかも知れません。

赤ひとつ取っても、選んだ人によってそこに表れ出た側面は様々なのです。

色は人の鏡です。肉体の状態だけではなく感情をはじめ、性質や性格など内的な面を映し出します。あなたは色を選ぶことで、自分の気持ちを鏡を確かめるように感じ取り、話しやすくなるでしょう。

さらに、色にはエネルギーがあります。あなたが選んだ色は、あなたの生きる力を引き出すでしょう。

鏡の要素は、あなたが自分自身をより深く理解することを助けます。

エネルギーの要素は、あなたをより元気で前向きにしてくれます。

カウンセリングを利用されるかたが、カラーセラピーを通して自分自身の理解を一歩深め、それによって苦しみから解放されて行くこと、砂漠でオアシスの水を飲むように元気が湧くこと、これらの色の力は、これまでの15年、10000件もの臨床経験から疑いのないものです。

心理カウンセラー 平史樹