土日祝も受付!

カウンセリング

「旅立ち」の前に

誰にでも、必ず旅立つ時が来ます。

戻れない旅立ち。

しかし、それがいつかはわからない。

わたしは以前、こわくて仕方ありませんでした。特に、親が旅立つことが。

夜、寝息があることを確かめに、寝室のドアをそっと開けてしまうこともありました。

・・・かつては、どの家庭でも「旅立ち」は今より身近だった気がします。

病による旅立ち、戦による旅立ち。

ちょっとした事故でも、あっけなく旅立つことが、日常の中にありました。

いくつもの旅立ちを目にすることで、人は自分なりの準備を自然としていたのだと思います。

わたしは仕事柄、たくさんのかたと出会うようになったことで、多くの旅立ちに立ち会うようになりました。

いつかは必ず旅立つこと。それがいつであるかはわからないこと。この二つのことを忘れることはできません。

気付いてみると、自然に今できることに集中するようになり、悔いのない人生を今日一日過ごすためにどうすれば良いか、心を研ぎ澄ます習慣がつきました。

そうやって日々生活しているうちに、不思議にも旅立ちへの不安が少しずつ薄れて来ました。

死に対して目を背けず、不安に押し潰されずに生きることが、人には可能だと思います。

心理カウンセラー 平史樹