土日祝も受付!

カウンセリング

ペットに救われる

ペットに救われる例があります。

人はなかなか自分のためだけには生きられないようです。

孤独になった時、

「ごはん、あげなきゃ」

「散歩に、行かなきゃ」

「小屋を、掃除だ」

ペットを世話することで、自分の世話も思い出す。

ペットがいることで、張り合いが出る。

ペットがいるから、慰められる。

家族は、人間だけではないと思います。

ある心臓病の男性が、ある時、医師から絶対安静と告げられました。今歩くと、命取りになりかねないと、しかし男性は散歩を望みました。家で待つ犬のことが気がかりでした。

「犬と自分の命と、どっちが大事ですか?」決めゼリフのつもりで医師は言いましたが、男性はためらうことなく「犬だ!」と応えました。

男性は、犬の世話をやめることなく、手術も成功したおかげで一命を取り留めました。

男性は世話してやりたい気持ちと同時に、犬の世話が自分の命をつなぎ留め、命を育む元にもなっていることを感じていたようです。

猫の人もいれば、オウムの人もいるでしょう。

愛情をかければ、心も大きく成長する動物たちは、太古の昔から私たちの家族であり、優れたセラピストでもあると思います。

孤独の中にあっても、ペットと触れ合うことで、すさんだ人が人間らしさを取り戻すことがあるから不思議です。

心理カウンセラー 平史樹