土日祝も受付!

質問コーナー

本人以外の者が相談することはできますか?

もちろん構いません。つらかったり苦しんでいるご本人に代わって、ご家族や恋人、友人のかたからご相談を頂くこともよくあります。

ご本人が時間を取れない場合や、カウンセリングに興味を持たない場合、病気等の事情でカウンセリングに耐えられない場合など、そばで支えておられる方からご本人のためになるような相談を求められることは頻繁にあります。

具体的な例としては、うつや認知症などで会話が難しい状態のかた、失業や倒産、受験の失敗や失恋などで茫然自失のかた、引きこもりなどで家族以外の方とはうまく話せないかた、周囲から見るとつらそうだが、本人は問題ないと主張して聞かないかたなどの、ご家族をはじめ親しいかたからのご相談を受けています。

心理カウンセラー 平史樹