土日祝も受付!

カウンセリング

孤独「感」の処方箋

孤独とは、誰もそばにいないことを指すのではなく、心の状態を言うのでないかと思います。

わたしたちは孤独なわけではなく、孤独感に苦しむのではないでしょうか。

どうしても孤独感から抜け出せない人もいますね。

すぐそばに誰かがいても、ぬぐえない孤独感。

打ち解けた家族、愛するパートナー、気の合う仲間。

人の縁、出会いには恵まれているのに、なぜか埋められない心の隙間。

誰かに愛を注いでいても、自分自身は孤独感を感じていることがあります。

恋人ができれば、満たされると思っていた。

結婚すれば、救われると思っていた。

でも違った。

そんなあなたは、もしかしたら、自分を出すのが苦手なのかも。

正直な自分、ありのままの自分。

「それって、難しいな」と思ったら、

正直な気持ち、ありのままの気持ち。

と置き換えて考えてみましょう。

気持ちを話せたら、孤独感は癒え始めます。

そばに人がいれば充分なわけではないんです。

あなた自身が、気持ちを伝えていくことが大事。

感情は、人と人をつなぐ目には見えない糸なのかも知れません。

どんなにおしゃべりでも、事柄ばかりしゃべって、気持ちを言えない人は結構いますね。

そんな人がいたら、

「よかったら、あなたの気持ちを聞かせて」

と伝えたい。

うまく自分の気持ちを話せなくても良いんです。

感情を出しても良いと、自分自身に許可するだけでも変化はあります。

そして、自分の感情を感じ味わう準備が始まります。

ポジティブな気持ち、ネガティブな気持ち、どんな気持ちも自分の中で感じることを許し、人に伝えることを許した時の自由で満たされた感覚。

孤独「感」が溶けて行きます。

心理カウンセラー 平史樹