土日祝も受付!

カウンセリング

好きなのに試してしまう。好きだからこそ試してしまう。

学校で、あるいは職場で、特にトラブルを起こすことなく暮らす人、真面目で模範的な人、人間として魅力的な人であっても、人間関係が深まり、恋愛や結婚の相手となると、モンスターになってしまうことがあります。

・・・例えば、二人きりの時、

デートや外出の途中、突然一人で帰ってしまう。

言葉遣いが乱暴になる。

やることなすこと否定して来る。

喧嘩を仕掛けて来る。

神経を逆なでして来る。

何かにつけて責め立てて来る。

不機嫌になる。

無視して来る。

こちらが悲鳴を上げようと、

心が傷付こうと、

お構いなし。

パートナーはサディストなのだろうか?

でも、優しいところもあるし、

あんな所も好き、こんな所も好き。

なんといっても、

怒ったら嫌われるんじゃないか?

自分のもとから去ってしまうのではないか?

それが怖くて、「つらいよ」とは言えない。

今日も我慢する。

じっと耐えて、嵐が過ぎるのを待つ・・・。

もしも、あなたのパートナーのモンスターぶりが、あなたを試すテストだとしたら、どうでしょう?

パートナーは、あなたの愛情を試しているのかも知れません。

別れを恐れているのは、むしろモンスターのほうで、恐いからこそあなたを試してしまうのかも。

「ひどいこと言っても、私を好きでいてくれるかな?」

「ひどいことしても、私を許してくれるかな?」

モンスターは、自分の不安な気持ちを解消しようと、あの手この手で試して来ます。

自分の不安が大きければ大きいほど、あなたの気持ちを考える余裕はなくなります。

そんなパートナーを相手に、何ができるのか?

少なくとも、あなたが「つらい」と言わなければ、モンスターはあなたの気持ちに気付けません。

もしもあなたに、「正直な気持ちを話すと嫌われるんじゃないか?」と考える癖、相手に合わせ過ぎてしまう癖があると、パートナーの中のモンスターは、あなたの困った気持ちには気づけずに、益々大きくなってしまうかも知れません。

「そんなこと言われると、ぼくはつらいな」

「それされると、あたしへこむ」

パートナーを否定することは言わず、自分の気持ちを伝える。

そうした上で、愛情を表現する。

手をつないだり、抱きしめたり。

そばにいるだけもいい。

相手に愛情を示しつつも、自分の素直な気持ちは伝え続けること。

もし、あなたのパートナーにモンスターが潜んでいたら、これがモンスターを小さくしていく工夫のひとつです。

パートナーは、自分がモンスターになっていることに気付けないこともあります。無意識のうちにモンスター化することもあるのです。

自分の中のモンスターが出てしまっていることに気付きながらも、押さえきれないことに悩んでいる人もいます。

モンスターは、愛情を切実に求める不安な心の化身かも知れません。

パートナーがモンスターに見えても、中身は人間なのです。

パートナーがモンスターであると相談に来るかたもいれば、自分の中のモンスターをコントロールできないと相談に来るかたもいます。

お互いに努力して成長して行けば、苦しみは喜びにさえ変わります。

心理カウンセラー 平史樹