土日祝も受付!

カウンセリング

愛の力

体力や知力があるように、人には愛の力というものもあると思います。

愛の力も、体力や知力のように鍛えたり磨いたりして、元々ある素質を、伸ばすことができる。そう感じています。

わたしはもともと冷めた人間で、愛というものを信じることができずにいました。

笑顔を作りながらも、心の中で、愛のない自分に気づいていました。

これはいかんということで、密かに愛とは何か、知りたいと求めて来ました。

愛のある人間になりたい。

いろいろ学んでみました。

『アルプスの少女ハイジ』は泣けた。

でも、本を読んだり映画を観るだけではだめですね。

日常生活でも仕事でも、乏しい愛を、なくなりかけたマヨネーズのようにしぼり出そうと意識しながら生きて来ました。

ところが、子どもから大人、そしてお年寄りまで、仕事柄たくさんの人たちと長いこと接している内に、ある日こんなことに気づきました。

人とふれあうことで、自分の中から、愛の力が湧いて来る。

先日たまたまテレビで、生まれつき子宮のないスウェーデンの女性が、姉から子宮を移植し、子どもを授かった特集を見ました。

その女性が、インタビューで「初めて産声を聞いた時は、言葉にできないほどうれしかった」と語っていたのですが、その時女性の感動がテレビからもガーンと伝わって来て、ハッとしました。

「この感じ、わかる」

わたしは子どもを産んだことはありませんが、母親が子どもを産んだ瞬間、理屈を越えた大きな感動を体験したように、人と出会う時に同じ質の感動を、小さいながらも心の中で体験していたことに気づきました。

そんな時は、心がホカホカします。

わたしの愛のしぼり出しかたの工夫は、「出会ったかたに喜んでいただけますように」と心がけることですが、その愛のスイッチを入れておくと、人と出会った時、自分の中から、愛の力が湧いてくるのかもしれません。

意識しなければ実感できない。

人に求めたからといって得られるとは限らない。

愛の力。

それは自分の中から湧いてくる。

そしてそれは体力や知力のように成長させることもできる。

少しずつ、愛の力を大きくして行ける。

冷たい人間だったわたしも、今は以前に比べれば、そんな風に思えるようになりました。

「愛されない」と嘆くかたは多くいます。

他人の気持ちはどうにもなりません。

でも、自分の気持ちは、工夫次第、心がけ次第で、少しずつでも心地よく変えて行けるものですね。

わたしにとっての愛のように、カウンセリングはあなたの探し物を手伝います。

諦めていたものが、よく見つかります。

心理カウンセラー 平史樹