土日祝も受付!

カウンセリング

「先生、スピリチュアルって、信じますか?」「それは信じるものではなく『在る』ものですよ」

カウンセリングの場で、スピリチュアルについて問われることがあります。

わたしはいつも、それは「ある」と答えています。

人間は体や心だけでできているわけではありません。魂があります。

ヴィクト-ル・フランクル先生は人間の要素を三つあるとし、それらを、身体、心理、精神と呼びました。

心理と精神を分けるところがポイントです。

どこが違うのか?

身体と心理は、動物にもありますが、精神は人間だけのものです。

人間が人間らしさの根拠を問われたら、それは精神性にあると言えるでしょう。

精神性とは、人間の真、善、美を求める部分だと思います。

いくら心や体が満足しても、人間は本当の満足は得られません。

人間はどこまでも、科学や哲学を通して真理を探求し、道徳や倫理、宗教を通して善なるものを求め、芸術や生活様式を通して美を追求し続けるものです。

真、善、美の追求は、一握りの専門家が担うことではなく、人間一人一人の持つ願望です。

それは今よりもより良く生きようと努力し、工夫し、学び続け、問い続けようとする欲求です。

精進努力によって成長し続けようとする衝動です。

自分らしい人生の意味を求める渇望です。

それらの出どころは、人間の精神にあると言えると思います。

わたしは、その「精神」を、日本古来の言葉に置き換えれば、「魂」と言えると思っています。

そして、精神も、魂も、「在る」ものであり、脳内の活動として唯物論的に還元できないものだと思います。

心臓が鼓動し、それゆえ生きていることを現代人の誰もが疑いません。

精神や魂も心臓のように鼓動し、それゆえ人は人間らしく生きられるのだと、わたしは疑いません。

心理カウンセラー 平史樹