土日祝も受付!

カウンセリング

1ヵ月に1度が、いい感じ。カウンセリングのペース

カウンセリングのペースは、受けられるかたと相談しながら決めています。

早急に解決したい課題や集中して取り組みたいテーマがある場合は1週間に1度になることもありますが、最近一番多いペースは1ヵ月に1度です。

リピーターの方は1ヵ月に1回のペースで予約を組まれるかたが多いです。

経済的に考えて、ひと月に充てられるカウンセリング代の妥当性ということもあると思いますが、どうやらお話を伺っていると、次の予約までの1ヵ月が、自分と向き合うのにちょうどよい時間となっているようです。

転職の相談が、ひと月後には家族関係についての相談になっていたり、婚活のテーマが、ひと月ふた月と話していく内に生きがい探しになって行ったりしています。カウンセリングとカウンセリングの間の期間に、ご自身で考えをじっくり掘り下げ深めて行った結果でしょう。

わたしは、具体的なお困り事の相談はカウンセリングの「入口」だと思っています。ですからあなたがどのような相談事を持参されても、その解決だけに気を取られることなく、カウンセリングがあなたの幸せの助けになればと思って、こだわりのない気持ちでお話を伺っています。

そんなわたしの心構えも影響するのでしょう、初めは迷走するように見えるカウンセリングも、ひと月ふた月とだんだん回を重ねるごとに、ご自分なりに心の底から求めているテーマに近づいて行かれるようです。そしてある時振り返ると、当初の悩み事の解決が、無理なく一番良い形で得られるのです。

無意識に眠る自分の本当の願い。心の奥深いところから求めている生きがいや人生のテーマは、焦らずゆっくり掘り起こす。赤ん坊が泣かないように優しく目覚めさせるように、カウンセリングは焦らず進めるのが良いようです。

そんなカウンセリングは、カウンセラーとの関係が密になり過ぎない1ヵ月に1度くらいのペースが向いているのかも知れません。

心理カウンセラー 平史樹