土日祝も受付!

カウンセリング

可能性に意識を向ける

つらいことがあると、ついそこにばかり意識が向きがちです。

そして意識を向け続けることは、体力を消耗します。

つらいことにばかり気が行ってしまい、へとへとになることはありませんか?

つらさを無くすために、人はつらさの原因に問題があると考え、それを解決しようとしがちです。

例えば・・・

腹痛の原因は何だろう?

食あたり?

それとも家庭の問題?

職場のストレス?

市販の薬を飲んでも痛みが消えず、病院で検査しても異常が見つからない。

「気のせいだ」と言われても痛いものは痛い。

原因をあれこれ考えてとらわれてしまい、そこから抜け出せなくなって行く。

気にすることで益々つらさに意識を向け、エネルギーを注いでしまう。

そんな時、つらさはそのままにして、意識を他に向ける方法があります。

エネルギーを別の場所に注ぐのです。

あなたにとって、ドキドキわくわくできるようなこと、しあわせを感じるようなことに意識を向けてみます。

家庭や職場、現実に縛られ過ぎていると、なかなかうまく行きません。

そこで、大好きな音楽を聴いたり、大好きな絵を観たり、大好きな映画を観たり、ゆっくりお風呂に浸かったりして、つらさの世界にいる自分を、夢の世界に誘います。

そして、人生の中で、どうしてもしておきたいことに意識を向けてみます。

人生で、絶対にやっておきたいことを10個ピックアップします。

自分の本当の本音を知りたければ、「死ぬまでにやっておきたいこと」として考えてみます。

そうすると、思いもかけないことが、自分の中から沸き上がってくることがあります。

自分の中に眠っている可能性に触れる体験です。

考えても、本当の可能性は見えません。

考えて出て来るものは、大抵「現実的な」範囲の、可能性です。

しかし、一度死を想定すると、眠っていたあなたの中の本当の可能性が、グワーッと目覚めるかのように沸き上がるのです。

自らの内側から、エネルギーが沸きます。

「可能性」に触れると、まだそれを実行も実現もしていないのに、なぜかドキドキわくわく、しあわせを感じることができます。

死をねがうということではありません。

人はいずれ、誰もが等しく寿命で死ぬ存在であることを思い出すのです。

夏休みは永遠には続きません。

限りがあるから、海に行こうと決心するように、人生も限りがあることを思い出すと、あなたの本当の可能性が感じられるようになります。

それは、とらわれがなく、自由で、創造性に満ちた、生きた力です。

少年や少女が、夢を思い描くような感覚です。

わたしはカウンセリングの中で、しばしば本当の可能性を感じる体験を手伝っています。

それは、わたしにとっても感動的な体験です。

心理カウンセラー 平史樹