土日祝も受付!

相談例

「姉の虚言癖に困っています」

Q「姉に虚言癖があって困っています。本人に指摘しても全く直りません。

数日おきに夜に姉から電話がかかって来るのですが、必ず誰かの悪口を聞かされます。1時間以上、延々と悪口が続きます。しかも内容が具体的です。あんなひどいことをされた、こんなにひどい性格だ、と言った調子です。姉が一方的にしゃべり続け、私は相づちを打つという感じです。

そんなある日、法事で姉の夫とゆっくり話す機会があった時、姉の話が嘘だったことを気づかされてしまいました。

しかもショックだったことに、姉は姉の夫に対しては、私や私の夫の悪口を言っていました。私が夫とうまく行っていないことになっており、私の相談に姉が乗っていることになっていました。姉の夫が嘘をついているようには思えませんでした。姉が言う悪口とは、姉の全くの作り話だったのでした。

姉の夫は、そんな姉に慣れてしまい、全て適当に聞き流すようにしているそうです。悲しくなるのと同時に腹が立って、家で夫にこの話をしたら、夫は私以上に怒り狂って縁を切れと言い出しました。怒るのももっともだと思いつつ、しかし同時にたった一人の姉を無視することもできず、今では夫の目を気にしながら姉の電話の相手を続けています。

相変わらず誰かの悪口を聞かされますが、これも作り話と思うと以前のような同情心やあわれみは感じません。モヤモヤした気分に耐えきれず、ある時『嘘ついてるでしょ』と指摘したら、全く悪びれず『そんなことはない』の一点張り。もう二度と電話なんか出るもんかとも思いましたが、その後数日姉から電話がないと寂しくなっている自分に気づいてしまいました。

姉は電話する度に満足そうですが、私はモヤモヤがたまって来ています。お互いに不愉快にならずに関係を変えていくような方法はあるのでしょうか?」

A 「お姉さんの言う嘘は、どちらかというと妄想に近い感じですね。

『不愉快』にならないかどうかはわかりませんが、お姉さんとあなたの関係を変えて行くことは出来ます。それはあなたのお姉さんへの態度を変えることです。選択肢はいくつもあると思います。思いつくものを四つほど挙げてみます。

①電話に出ない。

②電話に出ても時間を制限する。『10分なら聞くわ』と初めに断ります。そして時間が来たらスッパリと『ごめんなさい時間だからまたね』と明るく切ります。制限時間は自分で決めます。

③電話に出ても話題を制限する。『誰かの悪口は嫌よ』と釘を差し、それ以外だったら聞くというもの。途中で悪口が出たら怒らず冷静に指摘して『その話をするなら電話はおしまいにしましょう』と言ってお姉さんに電話を続けるか切るかを選択させます。

④電話に出て時間と話題の二つを制限する。『時間は10分ね。悪口は無しにしてね』と初めに断ります。

ご自身が納得できて、やり易そうなものはありますか?

肝心なのはあなたの気持ちだと思います。あなた自身、お姉さんとの関係で『困って』いたり『ショック』だったり『悲しく』なったり『腹が立っ』たり『モヤモヤ』しても、なお『無視することもできず』『寂しくなっている』ご自身にも気づいたということですが、お姉さんとの電話は、あなたにとっても意味があるものだと思います。

方々で嘘をついてしまう人はいます。そのような人の共通点は、孤立していることが多いということです。悪意で嘘をつく人もいますが、常に嘘をついてしまう場合、嘘が、その人にとっては大切なコミュニケーションの手段となっていることもあります。

例えば嘘によって自分を被害者に仕立て上げ、同情を買うことによって話を聞いてくれる人と親密な関係を築こうとする方法が習慣化しているような場合があります。

ご自身で虚言癖に気づき、反省して改める場合もありますが、自覚もできず指摘されても受け入れられず改められない場合もあります。

そんな場合、無理して改めさせようとせず、嘘をつくこともまるごと認めて受け入れる人間関係があると、安心感を与え、精神的に安定する基盤を与えることができると思います。

夫にも取り合ってもらえないお姉さんは、あなたとの電話によって唯一認められ受け入れられる関係を確保しているのかもしれません。それはお姉さんにとっては命綱のような関係かもしれません。

かといって、あなたが我慢し続けることによって成り立つ関係ならば、いくらあなたにとって意味ある関係と言っても健康的とは言えません。

今は、お姉さんを拒絶せず、かといって嘘をまるごと認めることもせず、会話の時間や内容に制限付けた関係、枠を設けた関係で、あなた自身の心の健全を守ることも大事かと思います。

お姉さんを変えることは難しいと思います。『変える』、『治す』というような発想よりも、お姉さんの存在を『認める』、うまく距離を作って『付き合う』という発想がこの場合は大切なのではないでしょうか。

本質は、誰かと親密な関係を求めるお姉さんがいて、あなたはそれに応えたいのだと思います。しかし、お姉さんのコミュニケーションの取り方に癖があって、あなたはストレスを感じている。それならばあなたがストレスを感じないような工夫をすれば良い、とわたしは思いますが、いかがでしょうか。

嘘は悪いものだと言って裁こうとしたり、誤りを矯正するような発想でつき合うと、お姉さんもあなたも苦しくなり、いずれ関係は破綻してしまうのではないでしょうか。

本人に自覚のある悪意に基づく嘘ならば、指摘して是正する意味もありますが、無意識に人の気を引くためについてしまうような嘘は、認知症(痴ほう症)と同じように、無理に直そうとするよりも受容する心で接するほうが、お互いの関係にとって建設的ではないかと思います。」

心理カウンセラー 平史樹